mainimg

仕事をしながら転職活動は大変ですが…

転職活動は今している仕事をこなしながら行い、転職する先が決定してから辞めるようにしたいものです。
退職後の方が時間が自由になりますし、すぐに働き始められますが、転職先がすぐ決まらない可能性もあります。
無職である期間が半年以上になると就職する先が見つけにくくなりますから勢いで現在の職を退職するのはよくありません。転職の履歴書に前職の会社の名や勤務年数などのシンプルな経歴を書いているだけでは、履歴書をみた人事担当者に今まで頑張ってきた仕事を知ってもらえません。
どんな部署にいて、どのような仕事を行ってきて、どんな成果が上がったのかやスキルを持つことができたかなどの説明を加えることで、人事の人の目に留まりやすくなります。大企業になるに従って賞与も多くなる傾向があるのです。
転職により大幅に年収を増加させることができる可能性が高いので、大手企業にチャレンジしてみるのもメリットがあるでしょう。
でも、大手企業への転職は中小企業への転職以上に困難ですから、あまりこだわりすぎないのがいいかもしれません。人材紹介会社のサービスを利用して転職した人も少ないことはありません。一人だけで転職活動するのは、精神的に追い込まれることも多いです。
転職先が早く決まらないと、どうしたらいいのか全くわからなくなってしまうこともあります。人材紹介会社を使えば、自分の望む求人情報を探してくれたり、いいアドバイスがもらえたりするでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«

»

▲Pagetop