mainimg

転職先が決まってから辞表を書くのが一番らしいです

今の職に就いている間に、転職活動を始めて、転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職先がすぐに決まらない場合もあります。
職の無い期間が半年以上を過ぎると、さらに就職先が決まりづらくなりますから、勢いで現在の仕事を退職しないようにしましょう。
転職する場合、無資格よりも転職先が期待しているスキルに近い資格を所持している方が有利かもしれません。
でも、このご時世、求められているのは資格よりもキャリア実績ですから、無資格でも実務の経験が長い人の方が就職に有利なこともあります。
転職を考える人は、希望する転職先で必要な資格はどんな資格かを考え、前もって資格を取得してアピールするのもいいかもしれません。
面接の際に、セールスポイントになることもよくありますし、資格手当のつく企業では資格は重要視されている証拠ですので、取っていない人は積極的に取得しておきましょう。今の仕事に不満があるならどんどん就活しましょうただし簡単に仕事を辞めてはいけません仕事をしていなければ就活だけに時間は取れますし次の職場に対する期待もあるでしょうもし仕事が見つからなければ無為の時間ですよ何ヶ月も無職でいると就職には不利になります思うようにはいかないんです辞めてしまうのは賢い選択ではありません

1 2 3 4 5 6 15

▲Pagetop